シナモン

2019/01/18

アーユルヴェーダといえば

様々なスパイスを思い浮かべる方も多いかと思います。

 

今日は数あるスパイスの中から

日本人の私たちにも取り入れやすい

シナモンについて。

 

冷えを改善させたり

血液を浄化する作用などで知られる、

とても万能なスパイスです。

 

※シナモンとニッキ(肉桂)は別モノです。

ここではシナモン(セイロンシナモン/Cinnamomum zeylanicum)

について書いています。

 

******************************

 

シナモンには【辛い・苦い・甘い】という

三つの味が含まれています。

 

シナモンには身体を温める効果があると言われますが

これはつまり「代謝と消化力を高める」ということと同じで、

アーユルヴェーダでは

血糖・血圧・コレステロールを下げる効果があると言われています。

 

またシナモンには鎮痛作用があり、

シナモンの精油を歯痛の鎮静に使ったりすることも。

 

<おすすめなシナモン摂取の仕方>

 

●生活習慣病の予防として

シナモン(粉末)を蜂蜜でペースト状にしたものを

ティースプーンに1/4ほど、

毎日舐めます。

 

●冷え対策に

 

-シナモンティー-

お茶パックにシナモン大1を入れ、熱湯で煮出します。

お好みで砂糖や蜂蜜を加えて。

 

-チャイ-

同量の牛乳と水で、以下の材料を煮ます。

茶こしで漉してお飲みください。

※★のついたスパイスは入れなくても大丈夫です。

入れるとさらに身体が温まっておすすめです!!

 

・茶葉

・シナモン(スティック1本を砕く、粉末でもOK)

・クローブ

・カルダモン

★スライスした生姜ひとかけ

★鷹の爪(1/2をちぎって入れます)

・好みでお砂糖

 

******************************

シナモンには去痰作用や健胃作用があることでも知られています。

 

風邪の引き始めや食欲がない時、

お腹にガスがたまる(腹部膨満感)時にも

シナモンはおすすめです。

 

<摂取を控える人>

・妊娠中はシナモンの摂取は控えめに

・胃痛のある時

・粘膜に異常のある時

 

●こちらも併せてお読みください

薬草-ショウガ-

 

Please reload

最新記事

December 18, 2019

December 11, 2019

November 13, 2019

October 31, 2019

October 3, 2019

August 26, 2019

August 8, 2019

Please reload

カテゴリー
タグから検索
Please reload

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2019 Inner Light* All Rights Reserved.