レモン白湯で夏も元気に!

★レモン白湯★

≪作り方①≫

白湯を飲む際に

小さじ1杯程のレモン果汁を入れます。

出来れば新鮮なレモンで。

なければ市販のレモン果汁(ポッカレモンみたいな)で。

≪作り方②≫

くし切りにしたレモン一片を白湯へ絞り、

搾ったレモンくずも一緒に白湯の中へ入れる。

この場合、レモンの皮はあらかじめよく洗っておく。

*******************************

レモン白湯には

・冷暖房の寒暖差による体の疲れを取る

・代謝アップ

・便秘、冷え、むくみの解消

・アーマの解消

このような効果があります。

胃腸・体の疲れや

顔色の悪さなどが気になる時にも

朝いちのレモン白湯、

おすすめです。

※一日一杯で十分です。

レモンには甘味・酸味があります。

果皮には苦味もありますね。

アーユルヴェーダ的に言うと

・甘味→体を滋養する

・酸味→消化促進、食欲増進

・苦味→デトックス効果

こういった効果があります。

レモンの主成分は果糖・クエン酸。

ビタミンCやミネラル分も含んでいます。

レモンに最も多く含まれるクエン酸は

疲労回復(血中乳酸の除去作用)効果がとても高い。

また、レモンには

ミネラル分の吸収率をアップさせる働き(キレート作用)もあるので

例えば

・鉄不足(貧血)の人

・カルシウム不足(閉経後)の人

などは食事と一緒にレモン白湯やレモン水をいただいてください。

そしてレモンの香りには

脳のアルファ波を増大させる作用、

つまり、リラックス作用があります。

さらに、

レモンを体内に摂取(嗅ぐのではなく食べる)すると

今度は逆に交感神経が亢進(活性化)します。

レモン白湯には

・香りで精神のリラックス

・飲んで体内の活性化

という2極の素晴らしい作用があるのです♪

■こちらも併せてどうぞ~!

→今日からすぐ出来ること-白湯-

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.