ギーを作る

アーユルヴェーダでは必須アイテムのギー(GHEE)

何にでも使える万能オイルのギーはとても簡単に作れます。

- 必要なもの-

無塩バター 2箱

鍋とヘラ

保存用の瓶、タッパー

- 作り方 -

①無塩バター2箱を鍋に入れます

(私はホーロー鍋を使用)

②弱火~中火でバターを完全に溶かします。

木べらなどを使って塊を完全に溶かしてください。

③全部溶けたら弱火にします。

加熱し続けると水分が少なくなり、

タンパク質が分離し始めると大きな泡が出てきます。

中火にすると焦げるので、弱火でじっくりじっくり。

ギー作りの最中はバターをあまりかき混ぜないこと。

かき混ぜてしまうと、分離して表面に浮いてきた不純物がまた混ざってしまいます。

バチバチと泡のはじける音がしてきます。

④さらに加熱すると細かい泡になります。

良い香りが漂ってきて、だんだん透明になってきます。

⑤底がハッキリ見えるくらいに透明になり、

底に沈殿物が見えたら、火を止めます。

⑥キッチンペーパーやコーヒーフィルターでこして、

清潔なビンなどに移し替えます。

完全に透明です。きれいな黄金色。

もし濁っていたら不純物が残っている証拠なので、

再びしっかり加熱して濁りを取り除いてください。

⑥冷暗所で保存してください。

冷えると固まります。

肌や目にギーを使う場合には、

使用分だけ湯煎して使います。

水分が入るとカビが生えてしまいますので

使用時にはきれいな乾いたスプーンを使いましょう。

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

- 食用に -

・サラダ油の代わりに日常的にお使いください。

・炒め物はもちろんシチューやカレーなどの煮物にも。コクが出ます。

・トーストにバター代わりに塗っても美味しいです。

・ホットミルクやチャイにひと匙溶かし入れるのもおすすめ。

- 食用以外の使い方 -

・ギーをまぶたに塗って寝る⇒よく眠れて、眼精疲労にも効きます

・人肌に温めたギーを点眼⇒ドライアイ・眼精疲労に良いです

・軽いやけどに塗る⇒乱れたピッタを鎮静し、治癒を早めてくれます

・乾燥した肌に塗ってマッサージする⇒しっとりすべすべに

(※使用は自己責任でお願いします。)

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.