アーユルヴェーダから見る感染症

国を破壊するような感染症が蔓延するとき、

世の中では何が起こっているのか。

アーユルヴェーダの古典には

こう書かれています。

・いくつもの異常が、星・惑星・月・太陽・空気・火などに現れている

・これは、これからの季節が異常になることを現わしている

・まもなく地球は、植物の持っている味・効力・特別な力をなくすだろう

・その結果、病気が広範囲にわたって広がることになる

昔から人間は伝染病と戦ってきました。

アーユルヴェーダの古典上にもその歴史はしっかりと刻まれています。

こういったことが間もなくやってくるので、

・植物の効力がなくなる前に、そして地球がまだもっているうちに、(薬となる)植物を収集しておかなくてはならない

・そうすれば、病が流行っても、助かるべき人は助けることが出来る

(助からない人=寿命を迎えた人、治癒の見込みのない人は助からない)

************************

この古典の記載が正しいがどうかは、読む人の判断にお任せするとして・・・

現代社会で世界を巻き込む感染症が起こっていることには、やはり意味があるんじゃないかと思います。

劇的な社会変化がやってくるのは、そう遠いことではないとも思います。

緊急事態宣言の解除は、劇的な社会変化への序章に過ぎないのでしょうね。

ひとりひとりが意識改革していかないと、生き残っていくは難しいのかもしれません。

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.