健やかに保つ~膣の話~

2020/03/13

アーユルヴェーダは、古くからある予防医学です。

 

昔々から女性のためのケア方法として

膣へのオイルトリートメントが

推奨されてきました。

 

女性器のケアというのは

とてもデリケートな話題ですので

なかなか一般的ではありませんが、

アーユルヴェーダはそういう意味では

とても先進的ですね。

 

***************************

膣の悩みって、色々あります。

乾燥、痛み、ゆるみ、萎縮。

 

昔は更年期になるとなりやすいとか

経産婦に起こしやすいとか言われていた症状が、

若い年代や出産経験がない人にも起こっていたりします。

 

近代的な生活方法によって骨盤底筋群が衰えたり、

過度なストレスによって引き起こされたり

原因は様々かもしれません。

 

日常からできる膣ケア方法として知られているのが

以下の方法です。

 

・膣ピチュ

滅菌ガーゼにセサミオイルを浸し、

タンポンの要領で膣に3時間ほど入れておく。

→膣内の乾燥を防ぎ、柔軟さを取り戻す。

 

・外陰部~会陰~肛門までマッサージ

セサミオイルを使ってマッサージをした後でお風呂に浸かり、体を温める。

オイルをなじませるように、優しく行う。

 

※現代のお医者さんの中には、

この方法を推奨していない方もいます。

おそらく衛生面での心配や、

女性器ケアは膣の自浄作用で十分だ

といった理由からだろうと思います。

自己判断・自己責任で行ってください。

 

※本来のアーユルヴェーダでは

ただのセサミオイルではなく、

薬草オイルを使うと最も効果があるとされています。

不妊治療にも使われるバラーオイル、

クシーラバラーオイルが代表的です。

 

 

***************************

また、アーユルヴェーダでは

出産時の会陰の伸びをよくするために

出産前から膣口にオイルを浸した綿を

1日数時間当てておいたり、

もしくは膣内にいれておく

という方法がとられることがあります。

 

併せて膣口と膣内を軽くマッサージをすると

より効果的とのこと。

 

膣口を柔らかく、皮膚の伸びをよくしておくことで

会陰切開をしなくて済むように

もしくは会陰切開・損傷があっても

治りを早くするためと言われています。

 

*************************

膣の悩みは恥ずかしいことではなくて、

年齢とともに

割と多くの方が抱えている問題です。

 

もしなにか気になることがあれば

サロンへお越しの際にお話しくださればと思います。

Please reload

最新記事

February 27, 2020

December 18, 2019

December 11, 2019

November 13, 2019

October 31, 2019

October 3, 2019

August 26, 2019

Please reload

カテゴリー
タグから検索
Please reload

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2019 Inner Light* All Rights Reserved.