「痩せている」はメリットか?

痩せていることを

「美しい、うらやましい」

とする雰囲気が

いまだに強いと感じています。

痩せは決して

憧れるべきものではないことを

多くの人に知って欲しい。

特に子供、老年期においては

「痩せ」が命取りになることもあります。

BMI値でいうとだいたい21~27あたりが

もっとも健康的だと言えます。

若い子が憧れるようなBMI値19以下だと

死亡リスクが非常に高くなることは

知識として知っておいて損はありません。

(参考までに)

★BMIと死亡リスク→国立がん研究センター

**************************

アーユルヴェーダでは

体を滋養する(太らせる)ことも

とても重要視しています。

どの食べ物を、どう食べるか?

どんな味が強い体を作るのか?

6つの味(甘い・辛い・酸っぱい・しょっぱい・苦い・渋い)

の中で体を滋養してくれる味は

「甘い(MADHURA)」であり、

性質としてはKAPHA(土・水)に属します。

例えば

・はちみつ、砂糖

・完熟した果物

・米、小麦、大麦といった穀物類

・ミルク

・油脂

・ジャガイモ、さつまいも、カボチャ

食べても太れない

体重が減りやすい

そんな悩みをお持ちの方は

上記のような食品を積極的に摂取して

栄養と体力をつけるよう

心がけるといいと思います。

おすすめの簡単メニュー

●ホットシリアル

・シリアルが浸るくらい牛乳をかけます。

・レンジで1分ほどチンします。

(小鍋で温めた牛乳をかけてもOKです。)

お好みでシナモンパウダーをふったり

はちみつをかけて食べるのがオススメです!!

●お鍋やお味噌汁に・・・

ぜひイモ類(サツマイモ、カボチャ、ジャガイモ)を入れてください。

鍋にイモ類、なかなかおいしいです!

●魚、油も適度に摂りましょう

・かんたんに利用できる「ツナ缶」は

 油を切らずに茹でたジャガイモと和えてホットサラダに。

・トーストにココナツオイル・オリーブオイル・バター等を塗って食べる。

********************************

食欲がわかないときには

カレー粉のようなスパイスを使って

「食欲をそそる香り」

を演出するのも良い手です。

また、コーヒーや緑茶といったカフェインよりも

ホットミルクやハーブティー(ローズ、リコリスがおすすめ)

をいただくほうが体の滋養になります。

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.