チャクラについて

アーユルヴェーダに興味を持たれる方の中には、

「チャクラ」についてもご興味のある方が多いと思います。

アーユルヴェーダを学ぶ上で

チャクラは大切な存在です。

チャクラはマルマと深くかかわっているので、

チャクラを知るなら必然的に

マルマについても学ばないといけません。

そしてそれは複雑で、

知識として知っていることはもちろん、

体感として感じることもできないと

なかなか人に対して応用するのは難しい…

私はいつも試行錯誤で、

実際、わからないことのほうが多いです。

目で見えないエネルギーの話にもなってくるので

怪しいというイメージもつきものです。

**************************

私が思うに、

チャクラでまず大事にケアしてもらいたいのは

とにもかくにも

第4チャクラ。

アナーハタチャクラ、ハートチャクラ

とも呼ばれる

胸のチャクラです。

ここが弱いと、

すべてが弱くなります。

胸のチャクラは

・臓器的には心臓と呼吸器(肺)

・精神的には愛情

を司っています。

「自分自身に対する愛と信頼」

胸のチャクラがこれであふれると

第3チャクラ、第2チャクラ、第1チャクラに波及します。

「グラウンディングには第1チャクラが~」

という文言をよく聞きますが、

これはまず胸のチャクラ(第4チャクラ)が満ちていないと

あまり意味がない。

「自分に対する愛と信頼」=胸のチャクラが満ちている

まずはとにかくコレがないことには、

何も始まらないのです。

※私の施術経験と体感による感想です。

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.