ハッカ油でピッタを鎮める

2019/08/20

本日は

今年の暑い夏のように

体に熱がこもりやすい時期に試してほしい

 

\ハッカ油を使ったお手軽なクールダウン/

について。

 

*******************************

ちなみに“体に熱がこもっている”とは?

 

具体的には、例えば

・炎天下で長時間を過ごした

・猛暑日、熱帯夜

・ホットヨガや岩盤浴、温泉等の後

・心拍数が急激に上がるような激しい運動後

 

体に現れる症状としては

・目の充血

・睡眠が浅い

・頭や皮膚の火照り

・頭痛

・口内炎や皮膚の炎症(赤味)が多発

こんなところでしょうか。

 

私がいつも愛用しているハッカ油は

ドラッグストアでおなじみ&手軽に買える

健栄製薬「ハッカ油」です。

 

こちらの北見ハッカ油も有名ですね。

 

ドラッグストアで販売しているハッカ油には

体の熱(ピッタ)を取る作用があります。

 

ーハッカ油のお手軽利用法ー

 

①クール・濡れタオル

水を張った洗面器に1・2滴のハッカ油をたらし、混ぜる。

その水でハンドタオルを絞って、体をふきます。

 

お風呂上りはもちろん、外出から帰ってきた時など

汗をかいた時にとても気持ち良いです。

 

熱帯夜で寝苦しい夜には

冷蔵庫に入れて冷やしておいたハッカ油タオルを

首や額に当てて寝るのもオススメです。

 

②クール・バスソルト

大さじ2・3杯の粗塩に、ハッカ油を2・3滴たらしてよく混ぜる。

お風呂に入れ、よくかき混ぜてから入浴します。

 

お風呂上りさっぱり!

※刺激が強い場合にはハッカ油を調整してください。

 

③クール・シャンプー

シャンプーを手に取り、ハッカ油を1滴たらしてよく混ぜる

あとは普通にシャンプー。

 

※ハッカ油の混ぜすぎは刺激が強すぎるので1滴で十分です。

お風呂上りの汗っかきさんにオススメ。

 

④クール・マッサージオイル

小さじ1杯ほどのセサミオイルに、ハッカ油を1滴たらして混ぜます。

これを指先に付け、マルマを優しくマッサージ

 

・頭痛持ち→こめかみ、おでこを優しくほぐす

・就寝前に→耳全体をオイルを少量付けて揉む

・顔の火照り、眼精疲労→オイルを少量付けて頸部をほぐす

 

**********************************

ハッカ油は主成分であるメントールが爽やかに香ります。

男性にも好まれる香り。

 

ただし、

直接肌に付けたり

量を多めに使ってしまうと

皮膚や目への刺激が強くなってしまうので

ご利用の際には少量から始めてみてください。

 

********************************

こちらも併せてどうぞ

→●PITTA(火のエネルギー)の属性

 

Please reload

最新記事

May 18, 2020

April 22, 2020

February 27, 2020

Please reload

カテゴリー
タグから検索
Please reload

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.