手荒れ・しもやけ

手の荒れ・あかぎれ、

手足指のしもやけ

かかとのガサガサ

寒く乾燥する冬の時期、

気になる方も多いと思います。

これらの原因は主に

血行不良(冷え)と乾燥ですが

アーユルヴェーダではそれに加えて

「血液の汚れ」が原因だとされています。

食事内容が

米、動物性食品(卵、肉、牛乳やチーズ等の乳製品)

砂糖、ビール・日本酒

といったいわゆる酸性食品に偏り過ぎていると、

“血液が汚れている(血中に不要なものが多くなる)”

と言われる状態に近くなってしまします。

キレイで健康な手足にするためには

体をしっかり温めることはもちろんですが、

食生活の改善も取り入れていく必要があるのです。

また症状がひどくなる前から

末端(手足指)の毛細血管を

しっかりと鍛えておくことも必要です。

そしてそのためには、末端のマッサージが効果的。

毎日オイルでマッサージをするという

アーユルヴェーダの習慣は、

しもやけやあかぎれを防ぐための

有効な手段でもあるのです。

症状がひどくなってしまってからでは

シーズン中に完治させることは

なかなか難しいので、

季節を問わない毎日のお手入れを通じて

改善させていけると良いですね。

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.