心身を健康に保つ-⑤うがい-

セサミオイル(太白ごま油)でうがいをすることで

口腔内の健康を保つ方法です。

-用意するもの-

・セサミオイル(太白ゴマ油)→香りのする茶色っぽい油ではなく、透明(やや黄色)の油です。

・岩塩(あれば)

※セサミオイルはキュアリングしたものを使いましょう。

-やり方-

①セサミオイル大さじ1~2杯に、少量の岩塩を混ぜます。

 (岩塩がない場合はセサミオイルのみで大丈夫です。)

②口に含み、10分ほどそのまま口の中にオイルを置いておきます。

③軽くぐちゅぐちゅし、オイルを口の中に行き渡らせます。

④時間が経つと唾液と混じってオイルがさらさらになってきます。

 飲み込まないように注意。

⑤10分経ったらオイルをティッシュに吐き出して捨てます。

口腔内の病気予防のために古くから続いてきた方法です。

不思議なことにオイルうがい後の口の中は

とってもスッキリさっぱりします!

もし10分間続けることが難しい場合には、

3分や5分など短めの時間から始めてください。

できる方は毎朝もしくは夜寝る前に。

毎日ではなくても、

週3回ほどは実施して欲しいところです。

このオイルうがいは

頭部の疾患を防ぐとも言われています。

その他にも

白髪、目の疲れ、首のコリ、顔のしわ、ノド風邪

などに良いとされています。

10分間口の中にオイルを入れていると

口周りの筋肉(口輪筋)が鍛えられるので

顔のたるみにも効いてきます!

たかがうがいと、馬鹿にすることなかれ。

効果のほどは…

ぜひ実践して確かめてみてくださいね!

タグ:

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.