アーユルヴェーダの定義①

2018/09/26

Ayurvedaの定義①

「生命について知ることと、生命を楽しむ方法を教えるのがアーユルヴェーダです。」

 

(サンスクリット語)

Ayurashmin vidyatenena va 

Ayur vindatiti ayurvedah

 

アーユルヴェーダの知恵は、生命にかかわること全てに渡っています。

生命の成り立ち・仕組み、病気の治し方、健康を維持するための方法など、アーユルヴェーダに関わらないことはないというくらい、守備範囲が広い学問です。

 

アーユルヴェーダを学んでいると、人間は何千年もの昔々から

- どう生きれば健康でより良い人生を送ることができのか -

- 人はどう生きるべきなのか -

そんなことをずっと考え続けてきたということが分かります。

 

昔の文献を読んでいると、古代の人々も人間関係で悩み、お金で悩み、子育てで悩み、自分探しで悩み、健康問題や男女問題などで悩んでいた模様です。

 

昔も今も人間の根本(性根)はそんなに変わらないんだなぁと、なんだか嬉しいような残念なような、妙な気分になりますね。

Please reload

最新記事

July 27, 2020

July 20, 2020

May 18, 2020

April 22, 2020

Please reload

カテゴリー
タグから検索
Please reload

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.