心身を健康に保つ-③生薬を口に含む-

アーユルヴェーダの健康法の中には

「口の中を清涼にし、味覚を正しくし、息を良い香りにするために、いくつかの生薬を口に含むことが良い」と説かれています。

さて生薬とはどのようなものが良いのでしょうか?

・ジャーティー(ナツメグ)

・ラヴァンガ(クローブ)

・ターンブーラの新鮮な葉(キンマの葉)

・スークシュマイラー(カルダモン)

など、このような生薬(スパイス)が挙げられています。

インドカレー屋さんのレジ付近に

スパイスが置いてあるのを見かけたことはありませんか?

「ご自由にどうぞ」と書かれていたりします。

フェンネルが多いでしょうか。

これはカレーを食べた後にスパイスを噛むことで

口の中を清涼にするという目的があるのです。

またスパイスの多くは消化を促進する作用も持っています。

食後にスパイスを数粒いただくことは

とても理にかなったことなのです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*==*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=

例えば小さなケースにカルダモンを少しだけ持ち歩いて

食後に一粒を噛む。

例えばガムや飴を、スパイスに置き換えてみる。

実はこれ、頭もスッキリするんです^^

そんな「ちょっと身体に良い習慣」を取り入れてみませんか。

タグ:

最新記事
カテゴリー
タグから検索

​女性のための本格派アーユルヴェーダ専門サロン

マタニティオイルトリートメントも行っています

Copyright © 2015-2020 Inner Light* All Rights Reserved.