病気発生の6段階

アーユルヴェーダの古典によると、病気になるには段階があるとされています。


①ドーシャがそれぞれの座で増える

 →この段階ではまだ座にとどまっている。早急に排泄すればよい。


②悪化する

 →座で増えたドーシャが、そこで増悪していく。ここでドーシャを鎮静させられれば悪化しない。


③あふれる、広がる

 →増悪したドーシャが座から溢れて体中に運ばれていく。座に戻す処置が出来れば悪化しない。


④定着する

 →溢れたドーシャが弱いスロータスに定着する。ここで何かしらの症状(前症状)が出てくる。スロータスに定着したドーシャを溶かして(はがして)鎮静させ排泄させられれば、治まる。


⑤病気が発生する、症状が現れる

 →はっきりと病気の症状が出てくる


⑥ほかの病気を引き起こす

 →合併症、いろいろな症状が併発してしまう



急性発症の病気など、この段階に当てはまらないものもあります。

しかし、多くの病気はこのような段階を踏むとされているのです。


だから、どれだけ早い段階で身体の変化に気が付くことが出来るのか、ということがとても大事なのです。


日々不調を感じつつも放置するということは、ひとつひとつ、この段階を進んでいるということに他なりません。


2021年ももうすぐ終わります。

世の中が慌ただしいということを言い訳にせず、ぜひ、自分の体の小さな変化に目を向けて欲しいなと思います。











**********************************

2022年はどんな年になるでしょうか。

私は、二つ巴のイメージが強くあります。


「玉虫色」だった2021年から、いよいよ分離していくのかな…?


ますます「自分軸」が大切な時代になっていきそうです。

多くの人にとって幸多い年になるといいですね。





最新記事