毎日のお手入れ③体

季節の変わり目。

お肌の揺らぎが気になる方もいらっしゃると思います。


少し汗ばむこの時期になると、首や脇、胸元、お腹など、皮膚の弱い場所にかゆみが出はじめたりもしますね。


肌が弱い箇所はいつも優しくケアをしておくことで、かぶれや痒みがでにくくなったり症状がひどくならずに済んだりします。

気になる箇所がある場合には、症状が出ていない時期からケアするようにしましょう。


★まず大事なことは、肌を洗いすぎないこと。

「洗浄力の強い洗浄剤+刺激の強い浴用タオル」で肌をこすると、皮膚のバリア機能がかなり落ちてしまいます。


・刺激の少ない洗浄剤を泡立てて、手で優しく汚れを落とします。

・浴用タオルでの摩擦は、週に1・2度の頻度に留めましょう。


やはりシルクや綿のタオルのほうが、肌への負担は少ないですね。


お風呂を出たら、肌の弱い箇所はココナッツオイル(セサミオイル)でしっかり保湿します。

これは、夏であっても行います。


汗をかく季節は汗そのものの刺激と汗が乾く時の乾燥とで、意外と潤い不足です。

オイルでしっかりと保湿をしてあげることで、肌のバリア機能をキープしましょう。


首・デコルテは年齢があらわれる箇所でもあるので、しっかりと保湿を!

★オイル塗布後のべとつきが気になる方は、オイル塗布後、化粧水で絞ったコットンでオイルを優しくふき取りしてください。

★敏感肌の方はセサミオイルよりもココナッツオイルのほうがより刺激が少ないと思います。


肌のお手入れの基本は

「保湿・紫外線ケア」

これに尽きると言っても過言ではありません。


お顔も、ココナッツオイル(セサミオイル)でマッサージを続けると、とてもふっくら&しっとりとしてきます。

冬だけでなく春も夏もしっかりと保湿することで、3年後、5年後、10年後の肌に違いが出てきます。

気になる方はぜひ毎日のお手入れにオイルを取り入れてみてください。


★詳しい使い方はサロンでもお伝えしています。

最新記事
カテゴリー
タグから検索