top of page

個性 体質 性格 ??


人間の個性をつくっているものって、一体何なんでしょうか?


「学校規則が厳しいから、個性が出せない」


なにかでこう言っている子供を見た時、

とても心に引っかかっていました。


学校規則で規制される個性・・・


それは一般的に

髪型、服装、メイク、持ち物

そこらへんかな、と思います。


たしかに

下着は白ではないとダメ

前髪は目にかからない、肩まで伸びたらしばる

野球部は坊主…などなど

現代的に見れは変えたほうがいいんじゃない?と思う学校規則があるは事実ですが。


ただ、「個性」ってそもそも


見た目よりも

「内面からにじみ出るもの」

「その人間の中身」だと思うのは、

私が古い人間だからか・・?


見た目をどんなに規制されても、


その人間から発せられる言葉

その人間がする振る舞い

その人間がする表情

その人間が選ぶ行動

その人間がまとう雰囲気


こういったことは、

嫌でも外側に出てきてしまう

紛れもないその人の「個性」です。


「私には個性がない」

なんて思っている人もいると思いますが、

そんなことは全くない。

むしろそう思うことは尊大だとさえ思います。


にじみ出ている個性に気が付いていないのは、

自分が周りの人にどういった印象を与えているのかについて、無頓着であるということでもあります。


個性は、その人の口を出てくる

たった一つの単語のチョイス・言い方・雰囲気からでも、感じられるものです。


決して隠せない。


もしかすると個性が

「分かりにくい、薄い」という

程度の問題はあるかもしれませんが

「ない」はあり得ないのです。


個性がないから

人の言うことに流される

人のせいする

自分の意見は言わない

目立つ格好はしない、などなど…も

立派な「個性」なんですよね。


わたしは個性のない人間に

出会ったことがありません。


素敵な個性、困った個性

目立つ個性、地味な個性

直したい個性、伸ばしたい個性

どうにもならない個性、恥ずかしい個性


本当に色々な個性があるからこそ

世界はイロドリに満ちていて面白く、

生きる価値があるのだと

思います。


「個性がない自分は、つまらない人間だ」

と思うのは怠慢です。


まずはどんなに小さなつまらない個性でもいいから

探して、見つけて、認めて

どうしたいかを考えてみる。


また、

自分はどうなりたいか?から

「個性を作り上げていく」のも良いと思います(*^-^*)

別に誰かに話すわけではありませんしね~。


自分のなかで「自分にはこういう個性がある」

と思えるということが自信につながり、

生活が楽しくなるのだと思います。



コメント


最新記事

カテゴリー
タグから検索
bottom of page