人はなぜ働くのか


一番の理由は「食べるため」ではないでしょうか。

生きるために食べることは、生命の根源です。


では、今の社会ではどうでしょうか。


もともとは食べるために働いていたはずなのに


今では賃金を得ることが働く目的となり人生の目的となり…


生きていくために最も大事な

「食べること」を手間だと考え、

時短や機能性ばかりが重視されています。


それって、

異常だと思いませんか?


******************

忙しくて仕方のない時は、外食でもテイクアウトでも何でも利用したらいいと思います。

手軽で美味しくて、使い方によってはとても素晴らしいですからね。


でも、せめて一日一食くらいは…


自分の手で調理したものを食べる。


自分の手で調理して、

どんな素材が入っているのかをすべて把握しているものを

家族と作る。

家族に食べさせる。


自分でご飯を炊いて、自分で味噌汁を作る。


一日一食でいい。


これを毎日の習慣にするだけで、


今のこの世の中は変わると思います。


食事を作ることはすなわち愛情だと、私は思うのです。


自分に対する愛情。

家族に対する愛情。

いっしょに食べる人に対する愛情。

食べ物に対する愛情。

自然に対する愛情。


食べることを

煩わしい

面倒くさい

なんでもいい、どうでもいい

と感じるということは


生命の営みを否定すること(自分も他人も大切に出来ない)

につながっていくのではないでしょうか。



最新記事
カテゴリー
タグから検索