コロナ禍でどう過ごすか

今、人とのつながりが希薄になってきている、と感じている人も多いと思います。

お友達と会う回数が減ったり、職場の食事会がなくなったり、直接的に人と話す機会が減っていますね…

人はやっぱりコミュニケーションがないと生きていけないので、今の状況が続くと、精神的に辛いと感じる人が増えてくるかもしれません。


でも。

こんな時だからこそ、考えるようになったことってありませんか?

私の場合・・・

マスクをしていても、どうやったら相手に気持ち・表情が伝わるか?


例えば、マスクの下で思いっきり笑顔をつくると、目もより笑ってみえます。マスクをしていない時よりも5割増しの笑顔で話すと、目だけでもしっかり笑顔を伝えられます。

まさに「目は口ほどに物をいう」ですね。目尻にシワが増えるといいなと思いながらやっています。

ちなみに相手が子供の場合には、気持ちの上では笑顔10割増(笑)かつジェスチャー多めで私の感情を伝えるようにしています。だいぶテンション高いおばちゃんになってますが( ´艸`)

本来子供の成長に他人との接触は必要不可欠です。子供たちの将来にコロナが影を落とさないよう、私はとにかく表情豊かに接していこうと心掛けるようになりました。

また、会う人が限られている今だからこそ、会う人に対してはいつも以上に「ありがとう」を言おうと実践しています。

誰かになにかをしてもらったら必ず「ありがとう」を言う。ある意味、過剰なくらい言うように心がけています。

大丈夫です、これをすんーごく心掛けていても、実践できるのは半分くらいなんで(笑)結果、あんまり過剰になってない…はず。

宅配。郵便屋さん。レジ。同僚。お客さん。家族。ご近所。

会う人がいつもより限られているからこそ、身近な人たちに「ありがとう」の言葉を伝え続けること。

届けてくれて、ありがとう。

コーヒー淹れてくれて、ありがとう。

片付けておいてくれたの、ありがとう。

お手伝いしてくれるの、ありがとう。

そばにいてくれて、ありがとう。(←まいにち猫に言う^^)

…言うシチュエーション、無限にありそうだわ~

コロナが明けたら「5割増の笑顔」と「ありがとう」がすっかり体に染みついているといいなぁーと思いながら実践しています。とにかく地道にやり続けることがマイブームです。

************************


コロナ禍で人々が分断されたりお互いに糾弾しあうことって、とっても、無駄…無意味?だと思うんです。


あんまり世間の論調に惑わされず、常に

「自分は」どう考えるのか。

「自分は」どういう行動をとるのか。

ということを軸にしていくと精神が不安定にならずに済むのかなと思います。


おそらくまだまだ続く、コロナ禍での過ごし方。


皆さんは、どう過ごしますか?




最新記事
カテゴリー
タグから検索